直球ド真ん中w

Home > 日常 > コックローチタイフーン!

コックローチタイフーン!

  • 投稿者: ごんち
  • 2010年9月12日(日) 23:58:43
  • 日常

ども!明日からまた1週間が始まりますね こんちくしょう!

あ 間違えた こんばんわ!

 

ごんちです。

 

最近少し涼しくなってきましたね。

朝とか夜とか。・・・夜はまだちょっと蒸し暑いかな?

 

朝の涼しさは台風が来てから一気に来ましたね。

なんだかまるで台風が暑さを奪っていったかのよう。すげぇぜ台風!

 

そして日も短くなりました。

7時とか前までまだ明るかったのに、もう暗くなりますしね!

5時過ぎるともう影が長くてちょっとびっくりします。

これもたぶん台風が太陽をずらしていったんですね!すげぇぜ惑星レベル!!

 

はい馬鹿な話はここまでにして。

ここから真面目な話です。すごく真面目です。
真面目すぎて見る人によれば不快に思うかもしれません。

想像力の豊かな人はもう2度とこのブログに訪れないかもしれません。

 

それでも・・・あなたは見ますか?

 

 

 

 

今日は真面目なGの話。

 

え?Gって?ごんちさん?

 

いえ、違います。そんなに可愛い物じゃないです。・・・可愛い?可愛くない。

 

今日は、GはGでもあの黒い悪魔、ゴ○キブリの話です←

別に新居に出没した!って言う話ではないですが、すごくおもしろい話を聞いたのでw

え?真面目な話じゃない?うん、知ってる!←

 

!注意!

本日の日記にはゴキ○ブリの話が出てきます。

? まかせろ!大好き!と言う人は・・・居ないね。そんな人。

? 別に好きじゃないけどいいぜ!と言う人はそのままのテンションでご覧ください。

? んー別に普通かな・・・と言う人は普通にご覧ください。

? 少し苦手かも。という人は深呼吸して薄目でご覧ください。

? 大嫌いだ!苦手だ!聞きたくない!という人はあきらめてご覧ください。

 

逃げられないぜ!

って言っても別にたいした話じゃないんですけどね?w

 

ゴキブリ○が飛ぶって話は聞いたことがある方も多いと思いますが、なぜゴ○キブリは飛ぶ事ができるのに飛ぼうとしないのか。皆さんは考えたことありますか?

長距離の移動、外敵からの逃避、飛ぶ方が便利なことは火を見るよりも明らかですよね。

 

それなのに何故ゴキブ○リは普段から飛ぼうとしないのか。

 

この話は以前ブログでゴキ○ブリの事を記事にしたときに少し考えたことがあるんですが、別に追求することもなくそのまま忘れていたんです。しかし先日、兄から少々興味深いことを聞きました。

 

実はゴキブリって、自分が飛べることを知らないらしいんです。

 

追い詰められたとき、びっくりしたときに思わず飛んでしまう。そんなかんじ。

 

え?俺、飛べるの?みたいなw

 

『窮鼠猫を噛む』ならぬ、『窮ゴキブ○リ思わず飛ぶ』!・・・あれ、そのまま・・・想像以上にそのままw

 

もちろん初めて飛ぶわけだから上手いはずもなく、へろへろと飛んだり、なぜか逃げたい対象のはずの人間の方に突っ込んでしまったりするんだとか。

 

これだと『窮ゴ○キブリ人を襲う』だねw あれ、うまくないw

 

というわけで、○ゴキブリの飛ぶ姿の目撃例が少ないのはそんな理由らしい。

目撃者の話を調べてみても、「飛ぶのがヘタ」という意見が多いこと多いことw

 

 

いやしかし、ゴキブ○リよ。

飛ぶのに・・・慣れないでね?遺伝子レベルで。

 

これ以上進化したら泣く←

ただでさえ進化し続けているというのに、飛ぶのまで上手くなってしまったらどうなるんですか。

 

一番いやなのは、羽根の構造的に無理そうですが・・・蜂の飛び方。

ゴキブリ○のあの見た目で、蜂のように空中静止なんかされたらもう・・・最悪。

もうあれだね、あれ。上手く言えないけどあれだよあれ。もう、あれあれ!最悪なんだよ!←

 

とりあえずこれ以上進化しないよう願いつつ。
人生で一番多く「ゴキブリ」と打った記念日として。
せめて夢には出てこないように祈りながら眠りにつきたいと思います。

 

夢に出てきたら泣くかんな!

 

 

 

あれ、思った以上に普通の記事になっちゃった。

なんだか前振りの方が盛り上がりすぎてまるで内容がないようだ。

 

 

・・・

 

 

お後がよろしいようで。おやすみなさう。


追記。

google先生って、web検索した場合検索対象の画像を検索したページに5,6枚ほど画像を表示するじゃないですか。

今回絶対ドジやらかすwwとか思っていたので、『ゴキブリ』って検索しなかったんですよ。
だって気がゆるんでるときにゴキブリの写真×5とかだされたら気持ちよく寝られないことうけあいだし。

 

今回は話に聞いた事を記事にするだけだったので、検索しずに記事は作成できました。

そして最後にこの記事の題名を決める際、台風とゴキブリをかけて記事名にしようと。
ゴキブリっていうのもいやだし、英語にして題名にしてしまおうとして・・・

 

ふと思ったんです。『あれ、ゴキブリの英名って「コックローチ」で合ってたんだっけ?』と・・・

 

『あ、そうか、分からなかったら検索すればいいじゃない!ボクって頭良い!早速googleで『コックr

 

 

 

 

イヤァァァー

 

こうしてごんちの眠れない夜は続くのであった・・・

 

 

だれ か
たす けて

web拍手を送る

  • タグ無。

コメント:7

# 1: A.B. 2010年9月13日 14:08

!注意!

本日のコメントにはゴキ○ブリの話が出てきます。

? まかせろ!大好き!と言う人は・・・いるわけ、ないか。

? 別に好きじゃないけどいいぜ!と言う人はそのままのテンションでご覧ください。

? んー別に普通かな・・・と言う人は普通にご覧ください。

? 少し苦手かも。という人は深呼吸して薄目でご覧ください。


? 大嫌いだ!苦手だ!聞きたくない!という人はあきらめてご覧ください。


さて、逃げられないぜ?

ゴキブリ(蜚蠊)は、昆虫綱ゴキブリ目(Blattodea)のうちシロアリ以外のものの総称。シロアリは系統的にはゴキブリ目に含まれるが、「ゴキブリ」に含められることはなく、伝統的には別目としてきた。なお、カマキリ目と合わせて網翅目(Dictyoptera)を置き、Blattodeaをその下のゴキブリ亜目とすることがあるが、その場合、ゴキブリとはゴキブリ亜目(のうちシロアリ以外)となる。

長い触角、扁平な楕円形の体、発達した脚などを特徴とする。種によっては漢方に用いられているものも存在する。
byウィキペより

↑だそうです
「ちょwwwwwww漢方wwwwwww
Gの漢方てwwwwwww」ってなりましたww

# 2: A.B. 2010年9月13日 14:25

追記
Gに対する対処法

天敵の飼育

益虫の中にはアシダカグモのように人間には害のないものもいるが、最も一般的な手段としてネコの飼育がある。しかし、幼いときからキャットフードのみで屋内生活をしてきたネコの場合、逆にゴキブリを恐れそのエリアに近づかなくなってしまうこともある。

直接攻撃
直接攻撃手段はゴキブリを目視し、またその動きを把握、予測する必要があるという困難さがある。

打撃系
人体に無害かつ確実な方法として蝿叩き、スリッパ、新聞や雑誌などで直接攻撃を加えるのも一般的な対処方法の一つとして挙げられる。ただし打撃が強すぎて仕留めたゴキブリの死体が四散してしまい後始末に困る場合や、逆に弱い場合はショックで一時的に昏倒するだけの場合もあり、再度逃走することもある。また腰をかがめる必要のなさ、腕より強い力で潰せる等の点から靴を履いて踏み潰す方法も有効である。中には手で直接叩き殺したり手で捕まえてそのままちぎったり裸足で踏み潰したりする猛者も存在するが、衛生面を考えると推奨し難い。かつて蠅叩きの先端に粘着テープを取り付けた「ゴキ逮捕」という商品が市販されていたが、ヒットせず数年で姿を消した。
掃除用ワイパー
叩き潰した後に布部分を取り外し、そのままくるんで捨てることができるため、死骸を見なくてよいというメリットがある。しかし、念入りに攻撃を行わない限り前述のような「死んだふり」をされやすかったり、専用ワイパーシートが高コストというデメリットも同時に存在する。
掃除機
害虫の退治方法として掃除機は非常に有用である。害虫の死骸を触ったり見たりせずに済むうえに、吸い込んでくれるため打撃ほど正確にターゲットを狙う必要がない。ほとんどの虫は吸い込んだ瞬間に風圧や、掃除機のホース内部などにぶつかる衝撃で即死する。ただしゴキブリの場合は吸い込んだだけでは死なないことが多いため、吸い込んだ後はゴミを溜める紙パックなどを速やかに処分することが望ましい。もしすぐに処分ができないときは、掃除機のノズルの先に丸めたティッシュペーパーなどで栓をしておき、次に使う時はそのままスイッチを入れ吸い込んでしまうと良い。
電撃ラケット
高電圧をかけてある多層構造の金属メッシュ部分を電極とし、陽極・陰極の両方の電極に虫が触れると電流が流れ瞬間的に駆除を行う装置である。主には蝿の駆除に用いられるが、蚊などの飛行可能な虫や、ゴキブリに対しても有効である。
スプレー塗料
またラッカー系のスプレー式カラー塗料なども有効であるが、本来塗料であるため殺虫現場付近にカラー着色による被害が残り美観が大幅に損なわれる。スプレータイプの利用という点では、スプレータイプ糊を使用して捕獲する方法もあり、高確率で捕獲・駆除できるという点では有効な手段と考えられる。しかしフローリングやリノリウムの床の場合は良いが、畳の場合は捕獲後の後始末が面倒な点が欠点である。

焼き殺す。ガスバーナーや手で持つタイプの花火、爆竹などを利用して直接火をゴキブリの体に浴びせ焼き殺す方法がある。卵にも有効。一度捕まえた或いは殺したゴキブリをティッシュペーパー等可燃性の物に包み火をつける、或いは可燃性の液体をゴキブリにかけて火をつけ殺す方法もある。これらの方法では、ゴキブリだけでなくゴキブリに付着する細菌等も死滅させる事ができ非常に衛生的だが焼き殺すと悪臭が発生するなど欠点もある。また室内や室外の燃えやすいものがある場所では火災の危険があるため十分注意する必要がある。
お湯
摂氏50度以上の温度の中でゴキブリは生存することができない。したがって、電気ポットや魔法瓶を常備しておき、熱湯を浴びせることによりゴキブリを即死させることができる。ただし熱水を扱う関係上、人間やペットにかからない様十分に注意を行う必要がある。[要出典]また、畳などの水分を吸収しやすい内装材を用いた場所や、天井などでは使用が難しい。ちなみにゴキブリをモチーフとした作品のひとつとしてあげた「ゴキブリゴッキーの旅」という歌のなかにお湯をかけて退治する描写がある。
熱アルコール
通常水を利用すると命中有無に関わらずターゲット部分がふやけてしまうため、少量かつ蒸散の早いアルコールを利用する。また、アルコールが切れてもウォッカやブランデーといったアルコール度数が高めの酒類で代用できる。
ブレーキクリーナー
本来は自動車のブレーキディスクを掃除するためのパーツクリーナー(スプレー)だが、油を溶かす性質があるため、油で身を守っているゴキブリを殺すのに使うことができる。成分は石油系溶剤とアルコールで、ガスによって噴射するためスプレー式殺虫剤のように使える。塗料のように色がつく心配は無いが、ゴムやプラスチックなども溶かしてしまうことがある。また、塗料や接着剤を溶かしてしまったり、木を変色させてしまうこともある。強い揮発性があるので、噴射後は液体だがすぐに揮発してしまうので、ある程度の量をかけ続けなければならないが、後始末は簡単。揮発性が強く冷却効果があるが、ほとんど影響は与えない。洗剤と同じように油を溶かし窒息させるが、時にゴキブリ自体が溶け出してしまうこともある。壁や天井に貼り付いているのは油のおかげなので、ブレーキクリーナーをかけるとゴキブリが落下する。噴射したブレーキクリーナーを掃除機に吸引させると故障する可能性が高いので絶対にやってはいけない。また、ゴキブリ以外の害虫には無力であるが、人体には有害である。
↑これでもダメなら最終手段

共存共栄
ゴキブリを不快に思わない場合、また日常的に清掃をしっかりできるのであれば、視界に入らない範囲に生息するゴキブリと共同生活を送るのも一つの手段である。むしろ、ゴキブリを鑑賞できる美意識(←ねぇよwww)があればなおよい。ゴキブリは雑菌を多く保有し、排泄や移動、脱皮などで菌をばらまくが、人間の生活圏をきれいにしていれば比較的影響は少ない。しかしながら、不衛生であることに代わりはなく、また隣接する住宅、施設などに向けた前線基地と化すこともあるので、やはり駆除が望ましい。
途中から実施しがたい物が多数ありますが…
健闘を祈りますノシ

# 3: エンドレス 2010年9月14日 12:45

こういうなんでもないことを、本気で書くごんちさんが大好きです。
いや、Gは別になんでもないってことではないですが。

現在Gは色々と研究されているようですね。
動物より脳が複雑でなく、また虫の中で頭が良いため、洗脳してGを操っちゃおう!っていう研究らしいです。
海外などで結構研究されているらしく、日本は遅れているそうです。
まあ、仕方ないですね。Gの研究ってことはGを触るわけですから。
もちろん操るだけでなく、Gに効く強力な殺虫剤の研究にも役立てているとか。
なんだかんだで、Gって結構奥深いんですね。

そうそう。Gって世界に500兆匹いるらしいので、絶滅はあり得ないらしいですよ。

# 4: 名無し 2010年9月14日 18:26

Gならまだいいよ。うちは風呂の蛇口からムカデだよ。

# 5: chappeJ 2010年9月15日 00:02

Gの出ない北海道にいる私は勝ち組www
そのかわりときどき家の周りに大発生するオサムシ(道真っ黒wやカメムシ(自販機の商品が見えなくなりますwはトラウマもの・・・
毛虫の大行進(道がなくなりますwや巨大(20㎝)蛾電柱(今年発生した電柱にびっしり蛾wや雪虫のカーテン(前見えません などもあり悩みは絶えません・・・
スズメバチ大発生した時はホント死ぬかと・・・

# 6: 名前 2010年9月19日 01:19

ゴキブリって嫌だね!
5歳ごろゴキブリが自分の頭に飛んできてとまったとか
突然エアコンから飛び出してきて
そのせいで2段ベットから落ちて足を強打するはめになったとか
ロクな思い出が無いね!(笑顔)

# 7: ごんち Author Profile Page 2010年11月 2日 23:19

>A.B.さん
ちょwww詳しく書きすぎwww
一番驚いたのはコメントってこんなに長くても書き込めるんだってこと←


>エンドレスさん
いつでもごんちさんは本気ですよ?

G・・・絶滅すればいい!って思ってましたがこれは人間の方が絶滅はやそうですねw


>名無しさん
Gよりムカデのほうがボク的に見られる・・・かなぁ。
実家が田舎だからムカデを家の中で頻繁に目撃していたってのもありますがw


>chappeJさん
北海道・・・都市伝説じゃなかったのか・・・!
カメムシはあのにおいが落ちないのがいやですねw服なんかに付いたらもう大変w

でもGがいないのはいいなぁ・・・引っ越すか!←


>名前さん
それは災難すぎるwww
Gはなんだかんだで実害がある生き物なんですね・・・

これは本格的にG撲滅プロジェクトを・・・だれかおねがい←

コメント投稿

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL:
http://noraneko-studio.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/468
Listed below are links to weblogs that reference
コックローチタイフーン! from 直球ド真ん中w

Home > 日常 > コックローチタイフーン!

web拍手を送る

Links
検索
記事カテゴリ
最近の画像

イラスト

すとろんぐわーるどのろびんさん
ろびんさん
あけ☆おめ
あけ☆おめ

漫画

DMC
DMC

落書き

カメラ片手にツーリングしたい
カメラ片手に
燃

写真

計画通り?
計画通り?
うちのベランダで居眠るスズメさん
うちのベランダで居眠るスズメさん

ネタ画像

お肉
高いお肉
サランラッ球
サランラッ球

画像一覧

過去ログ
etc

時間のないサイト運営者リング

消 失 同 盟

RSS一覧

▲page top